治療の内容   

  1.ユニークな治療
  
2.治療の内容
  
3.はりの消毒
  
4.反応と副作用
  
5.オステオパシーとカウンターストレイン

 

1.ユニークな治療
●現代の不自然な生活環境はさまざまなストレスを生んでいます。病院へ行くほどではないが体調がすぐれない、病院に行っても結果があまりかんばしくない、という半健康人が増えています。同時に、薬づけ医療に代わって、より自然な治療法がつよく求められています。

●当治療室では、東洋医学のはり灸治療にオステオパシーという手技療法を加えて、からだの自然治癒力を高めるユニークな治療をおこなっております。治療はすべて全身調整をめざしています。

 

2.治療の内容 以下の治療法を組み合わせています
1.はり 痛みの軽減に即効性があります。気持ちよい針を心がけています。
おもに和針ですが、必要に応じて中国針や低周波治療を用います。
2.灸      慢性の病気、体質改善にむいています。数ミリの小粒のお灸です。
まったく痕のつかない温灸や、知熱灸を行う場合もあります。
3.手技  カウンターストレイン: 楽な姿勢で背骨や関節を矯正します。
トレガーアプローチ: 軽く優しくゆり動かして、からだを緩めます。
4.吸角 キュウカク 真空浄血療法です。吸い玉、カッピングともいいます。皮膚を吸引して強制的に充血させ、虚血、うっ血、コリを取り除きます。
5.温熱  交流磁場のホットパックで細胞をマッサージし、深部まで温めます。
遠赤外線照射で冷えをとり、血行をよくします。

●その他、食事療法、体操や運動療法などについてお話しいたします。     
●抗重力マット(Body-Cushion)を使用しているので、うつぶせの姿勢もらくです。

           
ボディークッション(うつ伏せがらくです)             ホットマグナー(交流磁場治療器)

 
3.はりの消毒 
●針はすべて、オートクレーブにかけて高圧蒸気滅菌しています。
121度、1.2気圧、12分。 これでエイズウイルスや肝炎ウイルスが滅菌できます。
これは厚生省およびWHO(世界保健機構)が正式に認めている方法です。

●刺針時の針、皮膚、手指は消毒用エタノールで消毒しています。また、手指は流水、およびイルガサン殺菌消毒液を使ってこまめに洗浄しています。

●材質や廃棄に問題があるので、現在のところ
使い捨て針は使用しておりません。東京浅草橋
「神戸源蔵鍼製作所」の、腰のある手作りの鍼
を常用しています。
     

  
  FujiKogaku ハイオートクレーブ

4.反応と副作用
●治療後、からだの緊張がゆるみ、一時的に軽いめまいやだるさなどの反応が出ることがあります。また、新陳代謝がさかんになるため、濃い尿が出ることもあります。これは漢方の「めんけん」現象であり、治療が効いている証拠ですから心配はいりません。薬物のような副作用や習慣性はまったくありません。

●ただ、治療後は休憩をとることをおすすめします。できれば、布団を敷いて一時間ぐらい横になるといいでしょう。それが無理なら、夜早めに床につきます。ゆっくりからだを休めれば、それだけ自然治癒力が発揮され、治療効果が倍増するからです。

       
     背中の鍼               腰の鍼               肘の低周波治療    

5.オステオパシーとカウンターストレイン
●オステオパシーは背骨や骨盤を調整する手技療法で、100年あまり前にアメリカで生まれました。現代の解剖生理学にもとづいた整骨医学です。ムチウチ症やぎっくり腰などのような関節の障害に対して、すぐれた効果をもっています。かたい関節や痛みがひどい関節は、まず針で関節をゆるめ、痛みをとってからオステオパシーをおこないます。オステオパシーは生体の反射機能を高め、はり灸の治療効果を増進させます。

●オステオパシーの一種にカウンターストレインという治療法があります。これは障害のある関節を、いちばん楽な位置に、もっとも痛みが消える位置にもっていき、そのまま2、3分固定し、ゆっくり注意深く元にもどしてゆく技法です。こうすることによって、関節を変位させている筋肉の異常収縮反射を解除できるのです。カウンターストレインは、患者にまったく苦痛を与えることなく関節障害を根治しうる画期的な治療法といえます。

→カウンターストレインのページ

     
     吸角療法         足首のカウンターストレイン

  1.ユニークな治療
  
2.治療の内容
  
3.はりの消毒
  
4.反応と副作用
  
5.オステオパシーとカウンターストレイン

top