カウンターストレイン
  1.らくな姿勢をつくると、なおる?
  
2.カウンターストレインの原理
  3.カウンターストレインの方法
  
4.圧痛点について
  
5.ひとりでできる治療法
  6.ジョーンズ先生の症例
  
7.ジョーンズ語録
  
8.カウンターストレインの利点 

    .

1.らくな姿勢をつくると、なおる?
●オステオパシーの治療家であるジョーンズ先生は、ひとりの腰痛の患者を治療していました。30歳の男性で、4ヶ月も痛みが取れないのです。はじめは他の2人のカイロプラクターの治療を受けていましたが、1ヶ月ほど前からジョーンズ先生のところに来ています。ジョーンズ先生もいろいろ手を尽くして治療をしているのですが、一向によくなりません。その日、患者がこんなことを言うのです。

  「夜よく眠れるようになれば、先生の治療が効くと思います。毎晩、痛くて
  15分おきに目がさめてしまいます。そのたびに、らくな姿勢をさがすのです」

●そこで、ふたりは一緒に「痛みがいちばん楽になる姿勢」をさがすことにしました。からだをいろいろな方向に動かしながら、腰の痛みが強くなるか弱くなるかを調べ、20分ほどでやっと楽な姿勢が見つかりました。そのときの患者の姿勢は、いかにも不格好で、見るからに窮屈そうでした。けれども、本人はその姿勢がいちばん楽で、気持ちがいいというのです。

●せっかく楽な姿勢が見つかったのだから、すぐ痛い姿勢に戻すのはしのびない。ジョーンズ先生は、患者のからだを椅子やクッションでささえ、しばらくそのまま快感をを味わっているように言い、別室の患者の治療に向かいました。               

●20分ほどして戻ってくると、患者はまだ気持ちがいいと言います。それから、患者のからだを支えていた椅子やクッションを取りはずし、ゆっくりとベッドから下りてもらいました。すると、患者はこう言うのです。

  「先生、腰の痛みがなくなりました。ぜんぜん痛くありません!」

●患者は4ヶ月ぶりに、まっすぐに立つことができたのです。しかも、まったく痛みがなくなったと言うではありませんか。患者は大喜びです。ジョーンズ先生も嬉しかったのですが、それより、狐につままれたような思いでした。

  「あんなしつこい痛みがたった1回の楽な姿勢で消えてしまうなんて、一体
   どうなっているんだ。何が起きたのだろう?」

●その患者の腰痛はずっと再発しなかったといいます。それから、ジョーンズ先生は他の患者にもこの方法を応用していきました。治療成績がぐんぐん上がりました。 以後、先生はこの治療法を「ストレイン・カウンターストレイン」と名づけ、その発展と普及に生涯をささげることになったのです。

●「カウンターストレインの発見、それはまったくの偶然のできごとだった」とジョーンズ先生はおっしゃる。けれども、その1回のできごとを見逃さなかった注意力・洞察力は非凡であったと言わねばなりません。


Dr. L.H. Jones と私 (1992.10.11)
日本オステオパシー学会主催「カウンターストレイン・セミナー」にて

→次頁

1.らくな姿勢をつくると、なおる?
2.カウンターストレインの原理
3.カウンターストレインの方法
4.圧痛点について
5.ひとりでできる治療法
6.ジョーンズ先生の症例
7.ジョーンズ語録
8.カウンターストレインの利点

  top